株式会社リアリニット

IT技術で社会に貢献

Language

JPN⇔ENG

部屋レイアウタ
建物作成に便利な機能を用意しています。

RoomLayouterMain
2次元レイアウタ
建物のフロア数を設定後、マウスによる簡単操作で部屋を作成でき、作成した部屋に対して色を付けたり、名前を設定したりすることもできます。
複数の部屋を選択して、位置合わせをする機能も用意されています。


In-Wall Device
3次元レイアウタ
2次元レイアウタでの作業が完了したら、3次元レイアウタでその結果を確認します。
窓やドアなど、壁に埋め込む要素も追加可能です。登録された3次元形状は画面左側に一覧表示され、ここから自由に追加できます。手元に3次元データがあれば、それを組み込んで使用することもできます。


Texture
テクスチャーの割り当て
作成した壁に対して、テクスチャーを割り当てることができます。
壁紙を貼り付けた状態を再現することで、実際の部屋が完成した後の姿に近い状態で配置結果を検討できます。


2D DXF
2次元DXF図面貼り付け
設置対象の建物に対するフロア図面があれば、それを貼り付けて、部屋作成の基準とすることができます。
DXF形式に対応しており、簡単な変換操作で取り込みができます。


元に戻る