株式会社リアリニット

IT技術で社会に貢献

Language

JPN⇔ENG

3次元データ組み込み機能の詳細
無料で公開している変換プログラムを使用することで、誰でも簡単に手元の3次元データをシステムに組み込むことができます。

3D Geometries
3次元データの収集
システムで使用したい3次元データを集めます。
当社でサポートしているファイル形式であれば、3次元CADのデータ、カタログ制作用に作ったCGのデータ、さらにはデータ共有サイトからダウンロードしたデータなど、様々な方法で集めたものを組み込むことができます。
図に示すようなフォルダーを作り、3次元データとテクスチャ―画像、さらにシステム上でアイコンとして使う画像を配置します。
Configurator
デバイスタブの設計
デバイスタブとは、システム左側に現れるウィンドウで、すべての配置対象物を階層で表示したものです。
デバイスコンフィギュレータを使用すると、デバイスタブ上での階層構造、それぞれのタブに現れる配置対象物、さらにはそのプロパティを自由に設定できます。システム上で使用するアイコン画像もここで指定します。
Exporter
データの変換とアップロード
エクスポータを使用すると、コンフィギュレータで設定した内容に従い、関連するファイルをまとめます。 このとき、3次元形状ファイルは人に読めない形式に書き換えられます。
アップロードボタンを押すと、すべてのファイルがサーバーにアップロードされます。
Device Tab
システムでの利用
コンフィギュレータで設定した通りの階層が現れ、すべての配置対象物がアイコンで表示されます。
リストボックスとタブの選択を切り替えることで、すべての配置対象物のアイコンを確認することができます。 アイコンを選択したのち床面でクリックするだけで、対象物を配置することができます。



元に戻る