株式会社リアリニット

3D技術にもっと可能性を

Language

JPN⇔ENG


よくあるお問い合わせ
当社に寄せられたご質問のうち、よくあるものを取りまとめました。
デバイスレイアウタについて
Q
3Dのシステムは市場にたくさん出ていますが、この製品の一番の強みは何でしょうか

A

一番の強みは、「誰でも簡単に」「自作の3Dデータを」「Web上で」共有できることです。

データ作成は、画面左側に表示された家具等を、クリック操作で床面上に配置するだけで完了します。特別な技能がない方でも簡単に操作できます。

3Dデータの組み込みは、無料で公開しているソフトウェアを使用し変換操作を行ったのち、サーバーにアップロードすることで行えます。

作成したデータはサーバーに保存されます。そのため、社内のユーザーと、あるいは顧客との間で、3Dデータをすぐに共有できます。

Q
3Dデータが手元にないと利用できないでしょうか

A

いくつかの家具類のデータがあらかじめ登録されています。また、フリーボックスという、色と大きさを変えられる箱を追加する機能があります。これらは無料で利用可能です。

3Dデータをダウンロード可能なサイトがあり、当社がサポートするデータ形式のものを入手し、組み込んで利用することができます。無料、もしくは低価格で入手可能なものがあります。

カタログ作成時にCGデータを制作している企業様の場合、それをそのまま組み込んで利用することができるかもしれません。

CGデータ制作費用は以前と比べてかなりお手ごろになっています。当社でデータ制作をお受けすることも可能です。

Q
Webブラウザで動作する3Dシステムは、市場にいくつかありますが、それらとどこが違うのでしょうか

A

WebGLという技術を利用し、3次元データをそのまま画面上に描画している点が大きく異なります。

3D CADなどと全く同じ描画方法を取っているため、アニメーション機能、干渉チェック機能など、見た目だけではない検討がWebブラウザだけでできるようになりました。

Q
自作の3Dデータをサーバーにアップロードするとなると、セキュリティが心配です

A

3Dデータはいったんデータ変換を行って、人が読めない形式に変えたのち、サーバーにアップロードする形となります。また、アップロード先は、Webアクセスでは到達できない場所となります。

より高いセキュリティを保持するために、Windows版システムを利用するという方法もあります。

Q
価格表を見ると、1か月単位の価格しか表示されていませんが、日割り計算は可能ですか

A

申し訳ありませんが、1か月ごとのご契約をお願いしており、日割り計算はお受けしておりません。

バーチャルリアリティビューアについて
Q
VRのシステムは市場にたくさん出ていますが、この製品の一番の強みは何でしょうか

A

一番の強みは、VRコンテンツを「誰でも簡単に」「自作の3Dデータを使って」「Web上で」作成できることです。

データ作成は、デバイスレイアウタを使用し、Webブラウザ上で誰でも手軽に行えます。

データ作成が完了したら、Webブラウザ上のボタンを押すだけで、バーチャルリアリティ用プログラムが起動し、ヘッドマウントディスプレイ内での検討を開始できます。

コンテンツ作成を外部に発注すると、結構な費用が掛かりますし、データの入れ替えはできませんが、本システムの場合、限られた費用で、コンテンツを自由に入れ替えてバーチャルリアリティ技術を活用できます。

すべてのデータはサーバー上に保存されます。したがって、データを作成する場所と、ヘッドマウントディスプレイを使用する場所が、離れていてもかまいません。

Q
Oculus社の製品のみをサポートしているのはなぜでしょうか

A

Oculus社製品Riftの開発キットを使用しているからです。

Webサーバーからデータをダウンロードして起動するという独自の仕組みを実現するため、デバイス専用の開発キットを利用しました。

ブラウザゲームについて
Q
ブラウザゲームを開発したきっかけは何でしょうか

A

Webブラウザのみで3次元データを描画できる技術を多くの方に知っていただくのが主な目的です。

3次元描画の技術はデバイスレイアウタと全く同じものを使用しています。家具等の代わりに車両や駅が配置されており、時刻の進みに従い、線路上を車両が移動するようになっています。

Q
列車が時刻表通りに駅を通過するだけだと、パズル的な要素が無いように思うのですが

A

詳細設定という機能があり、列車ごとに使用するホームを指定することができます。列車同士がぶつかった場合、シミュレーションが一時停止します。一つのパズル要素として、列車同士がぶつからない設定を探すという楽しみ方があります。


お問い合わせフォームへ
当社へのご質問は、お問い合わせフォームからご送付いただけます。